日本には道路交通法という法律があり、税金により整備された、国民全体で共有する道でやってはいけない色々な事項があります。 それが道交法として定められており、これに違反すれば違反者に罰則が与えられます。

国道や県道、市道の整備は国家や自治体が行い、しっかりとしたメンテナンスや点検がされることで安全に運行できると言え、日ごろの警らや交通取締りにも県警が配備され、これらのことに大きな税金が投入されています。 このことを良く踏まえれば、自動車運転において、スピード超過や一方通行違反、信号無視など道を使用する上で決められた規則に違反する行為はしてはいけないこととしてドライバーが認識しなければいけません。 世界的に見ても日本の道は非常に整備がされ、警察により自治体管轄で県警の警戒などが行き届いていて、比較的交通マナーも良いとされています。

しかし、そんな交通マナーの良い日本でも、一部の心無いドライバーの運転で違反者がおり、事故を未然に防ぐために取締りして、ペナルティーを与えるというのが取り締まりの目的であリ、県の地方公務員である警察官もは税金によりその仕事を全うし、県民の共有する人材で安全を守るのが使命があるため、違反者が警察官に逆らえば国民としての義務を怠ることになります。
窓