車を走行していて窓からゴミやタバコの吸い殻をポイ捨てする人がいます。
タバコの投げ捨ては以前よりかなり少なくなりましたが、まだまだゼロではないようです。
ゴミを捨てる人も少なくなりましたが、小さなゴミが窓から捨てられる傾向があります。
タバコを捨てる人が減った理由として、タバコを吸う人自体が減った傾向があるからです。
タバコをやめた人は以前にタバコを吸っていたにもかかわらず、タバコを嫌う傾向があり、他人のタバコの煙やタバコの投げ捨ても非常に気にします。
他人の捨てる行動を気にし、自己への戒めとなっている側面が非常に高くなります。
ゴミに関しても同じようなことが言え、今まで自分が捨てていたことを捨てられているゴミを見て感じ、そのような行動を起こさないように考えるようになります。
タバコを捨てることはゴミを捨てる行動を誘発するもので、タバコを捨てること自体がゴミを捨てる罪悪感もなくすることに繋がっているのです。
近年、タバコの値上げで喫煙者が減ったことや喫煙場所が限られたスペースとなることで捨てにくい環境が出来、それに対する周りの視線が気になるようになったのも捨てる人が少なくなった理由の一つであると言えるでしょう。
shopping01_l