行政上の責任

| 未分類 |

自動車は、楽しく交通手段として便利な乗り物です。しかし、事故や違反など気を付けて乗る事が義務です。人身事故を起こすと、損害賠償や裁判、交通犯罪として扱われるケースが出てきます。近年は、飲酒運転などで死亡事故が問題になり交通規則も厳しくなっています。少しのお酒が、大事故に繋がり人生を狂わす人もいます。運転するなら飲むなと、頭に入れて思いやりを持って走行して欲しいです。

免許は、基本3年ごとに更新を行いますが、初めての取得時に交通違反の種類を知ることになります。1点の軽い違反から15点の免許取り消しまで、多数存在します。シートベルト付着用、一旦停止から酒酔い運転、ひき逃げ、建物物損事故など、自動車に乗る事が一定期間停止になるケースがあります。15点という数字は、無謀運転者だとあっという間に増えていき、また教習所へ通うようになります。

運送の仕事を行っている人なら、自動車に乗れないので働けなく生活にも困ります。講習を受けたり、高額な罰金を支払うケースも出てきます。民事、刑事、行政上の責任など、面倒な事が降りかかってくるので交通ルールを把握しておきましょう。安全運転を志し、快適な車ライフを送るよう日々気を付けて走りたいものです。
小物02