飲酒運転 

| 未分類 |

飲酒運転は以前に比べて随分減りましたが、これを撲滅とはまだまだ行かないようです。 この違反者が減少した経緯には、罰則の強化が大きくその役割を担っているでしょう。

酒酔い運転であれば5年以下の懲役又は100万円以下の罰金、同乗者においても3年以下の懲役又は30万円以下の罰金と非常に重いものとなり、お酒の提供者にも運転者と同様の罰則が与えられるため、飲酒をしての運転に対して警戒心が大きくなったことはあるでしょう。 しかし、なぜこのようなリスクを払っても、まだ未だに酒を飲んでの運転をする者が後を絶たないのかといえば、ある種の驕りがあるからでしょう。

前に説明したように、飲酒をしての運転者の撲滅は罰則により重い刑を化すことが目的ではなく、この処罰は結果として与えるものであり、まだ、ドライバー全体にその後に引き起こした事故で得る代償の大きさを感じておらず、罰金や罰則への負担を考えて飲酒を控えるということが多く、まだまだ飲酒後の運転行為の危険性に対しての意識までは高まっていないことが問題としてあります。

運転そのものが危険であり、さらに飲酒で正常な感覚が奪われ、その行為が凶器と化すという認識をドライバー全体が持つ必要があります。
shopping02_l