刑事上の責任

| 未分類 |

車を運転する事は非常に楽しい事でもあります。また生活上でどうしても車が必要になるために、仕方なく運転をしているドライバーも多くいらっしゃいます。運転が好きか嫌いかということで考え方にも大きく差が出てきたりするものなのですが、何れにしましても大きな責任がドライバーにはかかっていることを忘れてはいけません。
まず、ドライバーがしなければならないことは、とにかく安全運転に勤めることとなります。もしこれができない場合は、何らかの違反運転につながることが多くあり、それが引いては交通事故へと結び付くようなケースが多くあるのです。このように違反や事故を起こした場合には、その程度によって処罰をされることとなります。
この場合にドライバーに対して課せられる責任としまして、道路交通法の中では大きく3種類のものがあるのです。刑事上の責任、行政上の責任、そして民事上の責任の3つになります。刑事上の責任とは、懲役、禁固、罰金が具体的なものとなります。行政上の責任とは運転免許の停止や取り消しが該当します。そして民事上の責任は、相手側に対しての損害賠償ということになります。これらのどれもが、ドライバーにとりましては非常に重たい責任となることは間違いありません。特に交通事故を起こした際には禁錮刑に該当することが多くあるということに注意したいものです。
小物01