民事上の責任

| 未分類 |

自動車を運転していると、時には思わぬアクシデントに遭遇してしまうことがあります。その中でも違反や交通事故を起こしてしまった場合では、内容によっては民事上の責任として損害賠償を行うことが必要になるケースがあります。単に交通違反をしてしまった場合では、行政上の処分として反則金の支払いや、場合によっては免許停止処分、あるいは免許取り消し処分とされてしまうこともあります。交通事故を併発してしまっている場合では、被害者となる相手側や対象物に対しての賠償責任が生じることになります。人身事故の場合では、いわゆる強制保険とも呼ばれている自賠責保険で補償されることになり、限度額は基本的には3千万円とされていますが、多くのケースで補償を済ませることはできます。その一方で、対物賠償として物損事故を起こしてしまった場合では、強制保険では補償されることが無いために、任意加入として自動車保険に加入をしていることで賠償責任を果たすことが可能になります。例えば相手側の自動車を壊してしまった場合では、その修理代金が保険から支払われることになり、相手側が怪我をした際にも補償の対象となります。また、住宅の外塀などに自動車をぶつけてしまった場合でも、外塀を修理するための賠償についても任意加入の保険で対応することができます。
小物03